【本日の”コツ”】〈理科〉動物の血液型

こんにちは!スクールKG塾長の駒田です!
当塾では尼崎で勉強が「できる楽しさ教えます!」をモットーに毎日授業を行なっています。
ここでは普段の授業の中で教えている勉強のちょっとした”コツ”を少しだけご紹介いたします!
あなたも勉強の”コツ”を覚えて成績アップ⤴を目指しませんか?
 
本日の”コツ”は〜〈理科〉動物の血液型〜です。
 
皆さんご存知の通り、人間にはA型・B型・O型・AB型の4種類の血液型があります。
当然、人間以外の動物にも血が流れているので、それぞれ血液型があるのですが
どんな血液型があるかご存じですか?

 

それでは代表的なものをいくつか紹介させていただきます。

●犬
犬の血液型は人間よりも多様で、現在13種類以上あるとされています。

しかし、日本では9種類で分類しているそうです。

猫の血液型はA型、B型、AB型の3種類に分類されています。
猫の種類によって型が違っており、
・アメリカンショートヘアとかシャム猫はA型しかいない
・スコティッシュフォールドとかスフィンクスはB型、AB型もいる

などの特徴があるのですが、全体の約90%はA型と言われています。

●類人猿
チンパンジーの血液型はA型かO型、ゴリラはB型しかいません

オランウータンは人間と同じでA型・B型・O型・AB型があります。

●豚

豚は90%がA型で、それ以外がB型になります。

●牛・クジラ

どちらもほぼB型と言われています。

●魚類
魚は全てA型とされています。

 

ちなみに植物にも血液型(に近いもの)があると言われており、
全体の8割をO型が占め、次にAB型が多く、A型とB型はかなりレアな存在だそうです。

もみじは血液型の違いによって色が変わったりするそうです。

 

このようにスクールKGでは小ネタを使って勉強が楽しくなる”コツ”個別指導で教えています。
教科書には書かれていない内容も、生徒一人ひとりの理解度や進捗度に合わせてお教えします!
あなたも勉強の”コツ”を掴んで「できる楽しさ」を感じてみませんか?
 
まずは一度お気軽に無料体験授業を受けてみてください!
 
side1
side2
Scroll to top